アクセスデータ×CRMデータ×広告接触データで
AIモデルを開発し、マーケティング活動を強力サポート

google marketing platform sales partner  Google Cloud Platform

お問い合わせ

マーケティングの未来は
アクセスデータ×CRMデータ×AIが握っている。

アクセスデータには「商品を購入する際のシグナル」が含まれています。
そのことはマーケターの方ならば誰もが知っていることでしょう。
さらに、これまでのAI開発の経験から、アクセスデータを購買データや顧客データ、広告接触データとつなぎ合わせることで、
「CVしそうなユーザーであるか?」はもちろん、「リピートするユーザーか?」「LTVが高くなるユーザーか?」も
予測できることが分かってきました。
アクセスデータは「いちばん早くお客様の反応を知ることができるデータ」です。
アクセスデータに様々なデータを統合することにより生まれたAIは、オンラインマーケティングに限らず、
「店舗の売上予測」や「新商品の売れ行き予測」など事業の未来をも左右する可能性を秘めているのです。

AIモデル開発にイー・エージェンシーが選ばれる理由

POINT 1

アクセスデータに精通した開発チームが
重要な「データ前処理」に対応

精度の高いAIモデルを生み出すためには「データサイエンティストによるデータ前処理」が不可欠です。
私たちは、Google アナリティクス 360の国内トップクラスのリセラーとして培ってきた
「蓄積されたデータの理解・活用」および「必要に応じたデータの統合・分析・処理」に関する豊富な知見を活かし、
AIモデル開発を強力にサポートします。

詳しく見る

POINT 2

独自AI開発・運用プラットフォームでコストを削減

AIモデルの開発と活用を効率的に実現するには、そのための環境構築が欠かせません。弊社では「独自のAI開発・運用プラットフォーム」を活用してAI開発を自動化・高速化し、AI活用による事業成果をスピーディーに実現できる環境を提供します。

詳しく見る

POINT 3

独自プラットフォームを活用して運用コストも削減
広告やマーケティングツールへすぐに連携可能

AI活用においては、どうしてもAIモデル開発のことばかりを考えがちですが、開発した後の運用も重要です。運用業務では、AIモデルを新しいデータに対応させるための「再学習」や、精度低下時の「モデルチューニング」または「別モデルへの切替」が必要になります。また、AIの予測結果を利用するためのAPIや、マーケティングツールへ連携するための機能開発も必要です。
弊社ではそれらを「独自のAI開発・運用プラットフォーム」上で自動化し、お客様がAI活用に集中できる環境を実現しています。広告配信プラットフォームやマーケティングツールへの基本的な連携機能も備わっており、追加開発なしですぐにご利用いただけます。

詳しく見る

まずはお気軽に
お問い合わせください

活用事例

AIによる「ユーザーの未来予測による広告配信やランディングページの最適化」や「ユーザー行動データによるパーソナライズ」などのプロジェクトなどを手掛けています。プロジェクト実績の一部をご紹介させていただきます。

アパレルブランドのECサイトでリピート購入ユーザーを予測
適切な広告配信やメール配信、Web接客でROIを向上

複数のアパレルブランド商品を販売する、大規模ECサイトの事例です。
初回購入後、一定期間以内のリピート購入を促すことで、顧客のLTV(ライフ タイム バリュー)を最大化したいとご相談いただきました。
リピート購入を促すマーケティング施策(メールマーケティングやリターゲティング広告など)では、多くの費用がかかるため、適切なユーザへのアプローチが求められます。
ユーザに適切なアプローチをするためには、「一定期間以内にリピート購入する可能性が高いユーザー」の予測が必要とされます。
今回は、イー・エージェンシーのアクセスデータ/CRMデータを用いたAI/機械学習モデル開発のノウハウと、お客様の蓄積データを組み合わせる事で、「一定期間以内にリピート購入する可能性が高いユーザー」を高確率で予測することができました。
そして、この「予測」と「Web接客」を組み合わせる事で、マーケティング施策のROI向上が見られました。
また「AIモデル開発/運用プラットフォーム」をご利用いただくことで、モデル運用業務はもちろん、広告配信やメール配信もスピーディに実現できます。

AI / 機械学習関連の
リリース・講演活動など